MENU

ファーストチョイスって良いドッグフードじゃやない?という話

おはようございます。
あずはなの飼い主@shibainu_hanazuです。
このブログでは柴犬と暮らした体験談や、使ってみたペット用品の話、日々の散歩日記を書いています。

ドックフードの情報を色々集めているうちに、「ファーストチョイス」って良いドッグフードの良い情報がいくつか上がってきました。ちょっと気になるので調べてみたので、結果を記事にしています。

結論からお話すると「安い割には良質なドッグフード」という感想を持ちました。

以下詳しく書いていきたいと思います。

目次

ファーストチョイスってどんなドッグフード?

昔からあるドッグフードで、栄養と脂質をバランスよく配合したドッグフードです。

カナダ生まれのフーdで、1998年に日本の猫に適した栄養バランスに調整されて、販売が開始されました。

公式ホームページをみると、低脂肪、素材、安心安全へのこだわりがヒシヒシと伝わってきます。

ファーストチョイスの良い点は?

ファーストチョイスの良い点は

  • 素材の割には安い
  • 低脂質にこだわりがある
  • 原材料がしっかりしている

以上の3点となります。

それでは詳しく書いていきたいと思います。

ファーストチョイスは安い

ものによっては1kg1,000以内で入手できます。モグワンなどの人気ドッグフードの半額以下、ロイヤルカナンなどの一般的なフードと比べても3割程度安価です。

のちほど書きますが、素材がしっかりしていることを考えると破格な価格設定かなと思います。

ファーストチョイスは低脂肪設計

ファーストチョイスは低脂肪で設計されています。我が家の2頭の柴犬、一頭は肥満の診断受けたことがあり、もう一頭もたびたび血液検査で蛋白などでひっかかります。

脂質などに配慮した食事ということで、療養食を与えることが多いのですが、高いんですよね。

一般のフードで低脂肪設計っていうのは、あまりないと思います。個人的にはファーストチョイスのここが最も良いかなと思う点です。

ファーストチョイスは原材料へのこだわりもある

原材料がしっかり表記されているんも好感が持てます。「◯◯エキス」ではなく「鶏肉」と書いてあったり、油脂もしっかり「鶏脂」と書かれています。

怪しい名前の原材料もほとんどありません(たんぱく加水分解物というのがちょっと気になりますが)。

肉ではなく、コーンが原料の筆頭に来てはいますが、低脂質を考えると当然かもしれません。

ファーストチョイスの悪い点は?

昔は「たんぱく加水分解物」という表記がなく、「鶏肉副産物不使用」という表記があったようです。ちょっとダウングレードされたっていうことなのでしょうか。

気になる点といえばこのくらいです。

まとめ

しっかりとした原材料を使っていて、低脂質に配慮。そして価格も安い。かなり良いドッグフードでしょう。

運動量が少なかったり、ダイエットが必要なワンコには結構おすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる